植物とBMWとわたし

お洒落カフェなウッドデッキを目指しつつ、 植物の育成にまい進し、 BMW車の切り絵の練習に明け暮れる、ブログにまで手を付けてしまった猫。

色づくミニトマト、感慨にふける

これはこれは、 色づくトマトがなっている。

6月最初に見たころは、

若くて青い実があった。

それから数日経過して

こんなに赤く変わっている。

色の変化の大きさに、 正直、衝撃、走ってる。

些細な変化も毎日となると激動だ。

「気づけなかったな、これまでは」

いろいろなことを見過ごしてきた。

今は気づく時間がある。

「贅沢してる」 感慨にふける、ねこぽん園長。

そろそろ一回目の収穫だ。

ウズウズこころが舞い上がる。

どんな味だか楽しみだ。

じっくり選んで、ちょこっと採った。

さあ、トマトパーティーしようじゃないか!

f:id:nekopon39:20170621221611j:plain

f:id:nekopon39:20170621221844j:plain

【千果と甘っこ、いただきましょう】

収穫したばかりのトマトを味わう。

皮はどちらも厚みがある。

青臭さくトマトらしい千果(左)

フルーツみたいな甘っこ(右)

見た目はさほど変わらないのに

こんなに味が違うものか。

今日はこの2品種だけだが、

これからドンドン収穫できる。

本格的なパーティーに備えて、

トマト料理を学ばねば。

今回もホントにうまかった。

ご馳走さまでした。

【あぁ怖かった、覚えておこっと】

一つ二つ実が割れていた。

本当は、梅雨の長雨にさらされないように

覆うっておくのがよいそうだ。

だから、ビニール袋を洗濯バサミで 挟んで

かぶせた。

ところが、強風に巻かれてしまった。

あわや、ねこぽん園長もろとも

吹き飛ばされそうになった。

「よかった、人に当たらなくて」

安易な対策は、ご近所迷惑の元となる。

楽しむには安全第一。

しっかり心に留めておこっと。

雨除け 家庭菜園用 雨よけセット トマトの雨よけに

価格:3,980円
(2017/6/11 20:19時点)
感想(6件)